古びた壁

古びた壁

脈絡なんてものは知らない

はじめてのバースデーパーティー

 6月3日、横浜にて。
 廣瀬大介さんのバースデーパーティーに行ってきました。

 イベントなるものに初めて参加しました。舞台やステージを優先的に行っているので、イベントの類は以前ハイネのスペシャルイベントに行ったきりでソロイベントは初めてでした。たのしかったーー!!
 大学のスケジュールの都合で2部のみ滑り込みました。行けてよかった…!お祝いできてよかった…!27歳おめでとうございます。

 さて。
 かれこれ3年近くなりますが、はじめてのソロイベント。壁がないな、と思いました。舞台や作品ごとのイベントって、ステージの上がその作品の世界で染まっていて客席とは別世界なんですよね。自分とは別の世界で生きている人だった。それがソロイベントでは、登場の瞬間から境目がなくて廣瀬さんもわたしも同じ世界にいた。壁がなかった。
 それで、なんかね、すごいかっこいいなーって思ったんです。たぶんステージの上が別世界の時は役者だという認識がかなり強いから。かっこいい!とは思うんですけど、"廣瀬さんの○○が"かっこいい!と思ってるんです。だから今回ご本人に対してかっこいいー!ってなって、なんだか新鮮な気分でした。


 そう、髪色!突然の5時間カラーリング。最初は青だったらしいんですけど、もうピンクにしか見えませんでした。うしろのスクリーンと同化しそうだった…。だんだん金髪になるらしいです。楽しみ。
 ゲストの帆世さんにも言われてたけど、なんで似合うの…すごい、似合ってますよね。ふしぎ。独特の雰囲気がマッチしているのかも。
 髪色が変わってから初めてだったので、あーほんとにいるーって、うぶなおたくの反応してしまいました。

 ゲストは帆世さん。A3!の左京さんが一番に思い浮かびます。正直なんで…?!って思ったんですけど、帆世さん自身もなんで呼ばれたんだろうっておっしゃってた(笑)それに廣瀬さんは「好きだから」って返してて、たしかにお二人のやり取りを見てるうちに、あー分かるかも…って思いました。
 帆世さんはブルフェスでポケットに片手突っ込んでるのがすごく様になってて左京さん……ってなった記憶があります。思ってたより低音。廣瀬さんがわりとハイトーンなのでバランスがいい。朗読はもちろんだけれど、同じお題でセリフを言う時が全然違っておもしろかったです。ほんとにバランスがよくて、またお二人の掛け合いがどこかで聴きたいです。
 あとすごいフォローしてくれる!帆世さんいなかったらどうなってるんだろうって思いましたが、たぶんだからこそゆるい感じで楽しかったのはあるかも。

 そしてメッセージ動画が届いていて、2部は西山さんでした。1部と同じだと思ってたらしく、動画が流れる前は反応がなんとも言えなかった。で、1部のメッセージが誰からだったか名前は出されなかったんですけど、もうその話しぶりを見るだけで誰か分かっちゃうんですね。わたしもレポを探してないから全然知らないのに。分かりやすすぎて笑いました。

 ところで出身地を序盤でさらっとおっしゃってたと思うんですが、わたしの聞き間違いかな…?ものっすごいびっくりしました。聞き間違いですかね…?誰か教えてください…コメントとかお題箱とかあるからね……()廣瀬さんの出身地って東京じゃないんですか…あれ、東京ですよね?ちがう?周知の事実??

 ジェンガ対決がおもしろかった。紙でできた軽い箱にお題が書いてあって、それをこなしながら。紙なので不安定なんですけど、かなり続いていました。
 セリフを言うやつ、ふつうにかっこよくて心の中で黄色い声をあげてました。息止まりそう。生放送とか音源だけとは違って、目の前でやってるので雰囲気も感じ取れるからますます…ですね。
 あとスクワット10回っていうお題が出て、帆世さんのカウントに合わせて客席が手を叩くのすごい楽しかった。10回以上させられてたwwスクワットだからそりゃ大変そうだけどすんなりやってらして役者なんだな…って思いました。そりゃそうなんだろうけど、決してヤワじゃない、って思い知らされた気分です。
 全体としては、重心が云々とかここはどうこうとか考えながらやってるのが知的というか…あ、頭いい人のジェンガだ…ってなりました。す、好き…。

 あと生歌!あるといいな〜って楽しみにしてた生歌!あった!かっこよかったー!
 ソロでまおプロの「SHOOT THE STARS」これかっこいい曲調で好きだから嬉しかった。ほんと、かっっっこよかった。
 それから帆世さんと「はじめてのチュウ」「天体観測」「家族になろうよ」の三曲。最後のは廣瀬さんが帆世さんに歌ってほしいやつ。福山雅治を歌ってほしいことがよく伝わるイベントだった…。
 トークし続けた後だから歌う前に喉を調整しているのを客席がなんとも言えない雰囲気で見守っててじわじわきました。レコーディングの前とかいつもそうなのかな。プロの仕事…!って思った。
 歌そのものはもちろんなんですけど、歌っている姿がよかったです。なんだろう、聴覚も視覚もふわーってなってしまう。脳が痺れるってこういうことなんだなって聴きながら思いました。
 あとものすごい細かいですが、サビを歌い終わったあとに舌をちょっとだけぺろってするのを見てぐっときました。
 ところでわたしはデュエットで歌ってる二人が時々目を合わせるのが好きなんですが、このお二人は絶妙に噛み合ってなくて…(笑)でもちゃんと合ってる時もありました…!ちゃんと通じ合ってた、しっくりきたって言ってた…!

 こんな感じで、とても楽しいイベントでした。ただただかっこいい!って思わされました。でも笑ってごまかしたり帆世さんにフォローされたりしてる時とかはかわいい…ってなった。どっちも感じるのは最高ですね。ほんとうに素敵な方だなと思います。
 わたしが廣瀬さんを好きな理由は、お芝居がどストレートに好きだということと毎回新鮮な気持ちにさせてくださることです。全部の現場に入ってるわけではないし、時間が空くこともよくある。そうなると、普通はこの熱量ってどうしても小さくなっちゃうんですよね。けれど廣瀬さんに関してはそういうことがない。どうせ好き!って思っちゃう。だから言い方は良くないでしょうけど、個人的な理由で現場にしばらく行かなくても安心できる部分があって、"推し続ける"ということに疲れがない。行けるに越したことはないけどね。だってどうせ好きなんですもん。
 廣瀬さんの話をするたびに言ってる気がします。でも今回もまたしみじみしたというわけです。どうせ好きだったよ!!
 わたしが今一番ホットなのは特撮作品でジャンルが全然違うんですが、しっかり切り離してこちらはこちらで集中して楽しむことができています。それってかなりいいことだなと思います。まあでもお手紙で特撮作品に出てほしいってさらっと書いちゃってます。出てほしい(私欲)よく口笛吹いたり歌ったりしてて飄々としてて憎めないんだけど実はしんどい背景があるしんどい敵キャラ見たくない?わたしは見たいです。ゲストキャラでも出てくれたらめっっちゃ喜びます。おねがいえらいひと!

 取り急ぎ、バーイベの感想エントリーでした。かっこいいって言いすぎですね!ほんとかっこよかった~~!なんなんだ…!そういえばハッピーバースデー歌えてよかったです。イベントの楽しさを深く感じた一日でした。
 改めて、誕生日おめでとうございました。


 この”恩返し”というスタンス。そういうところが好きだなあと思いました。つくづくわたしも幸せでございます。