古びた壁

古びた壁

脈絡なんてものは知らない

プログラムされた運命と無二の絆/仮面ライダービルド

 お久しぶりです。先月は記事をひとつも書いていなくて自分のことながらびっくりしました。
 メサイアとかいう作品の美しき地獄に翻弄されつつも単純に忙しかったのと、ニチアサに心を荒らされていました。
 主人公の顔がいい!好み!視聴続行!っていう軽い気持ちで追いかけていた子供向け番組がまさか「壮絶な運命を背負わされた男二人が深い交わりの中で絶望を繰り返すドラマ」とは思わずに気づけば沼の底です。事前情報でバディものだと知らされていたらしいけど、わたしはそこをしっかり認識していなかったので……まあニチアサだから!最後は救いあると信じていますが!

 さて、ビルドの話をします。35話までのネタバレあります。

 記憶喪失の天才物理学者桐生戦兎と冤罪事件で投獄された脱獄犯の万丈龍我が偶然出会い、仮面ライダーに変身して愛と平和のために戦う話だとつい最近まで信じていたように思います。
 その実態は、惑星をまるごとひとつ滅ぼした地球外生命体(エボルト)の一部である万丈と、戦争の道具を作り出した悪魔の科学者である葛城巧その本人である戦兎が意図的に出会わされ、ヒーローとして戦わされていたという話でした。しかも戦兎=葛城巧の父は万丈の研究をしていた。事実が重い。感情論がどうであれ、事実は不変なんです。どんなに彼らの絆が愛と平和という軸のもとに育まれていたとしても、事実は変わらない。
 彼らの運命はエボルト本体によりプログラムされたものでした。すべての元凶はエボルト=スタークです。エボルトにとって不測の事態だったのは、地球に潜り込ませた自分の一部が胎児(万丈龍我)に憑依したこと。生まれた瞬間にエボルトとしての記憶を失い、ただの人間に成り下がったこと。でもそれくらいでは動じず、万丈に試練を与え続けて自分と融合できるレベルまで育て上げた。自らがヒーローに仕立て上げた戦兎と出会わせ、指針とさせ、絆を深めさせることで、エボルトはますます最強!というわけです。
 ところで今この文章をビルドを知らない人でも分かるようにという気持ちで書いているのですが、まるでむりですね!複雑!とりあえず見て下さい!!
 ビルドはキャラクター設定がかなり練られているようで、次から次へと真実が明かされ、すべて繋がり、気がつくと底なしの深い運命の中にいます。地表にあった輪っかを描く先が下へ下へと繋がっている、そんなイメージです。たぶんまだ何かあります。よく考えれば解決していないことがたくさんあるので。

 とにかく、ビルドのストーリーは何がどうであれとりあえず元凶がブレません。どうせスタークの仕業でしょう?ということを繰り返してきました。
 エボルト=スタークは、はちゃめちゃに魅力的な悪だなと思います。最高にずるい。人の心をね、掌握するスペシャリストなんです。就活生のわたくし、面接官の話のうまさがエボルトに見えましたもん。おたくでよかった。これからは面接官をエボルトだと思って挑みます。
 戦兎と万丈を最高の相棒にしたのはエボルトだと思います。彼らが彼らであったからこそ、ベストマッチな奴らだったからこそ、ではありますが。そう仕向けたのはエボルトです。エボルトの目的は「お前達の成長だ」と一貫していました。切磋琢磨し合って成長すること。それがエボルトの計画の武器となるのでしょう。思惑通り、彼らは唯一無二の相棒になりました。どちらかがピンチの時にはもう一方がその身を投じて助ける。また、どちらかが闇に落ちてしまいそうになれば、どちらかが光となり引き上げることができる。万丈のために戦兎にアイテムを発明させ、戦兎を想う気持ちのために万丈のハザードレベルを上げさせる。全部エボルトの掌の上!
 エボルトに掌握されているのは彼ら二人だけではありません。当初はナイトローグ(氷室幻徳)がそうでしたね。すごいもてあそばれていたね、ちょろかったね(笑)そして、世界を手に入れようと目論む難波会長。難波会長はいつもギリギリの行動をするエボルトにいつも丸く収められています。下手したら怒らせてしまうところを、「俺はあんたに忠誠を誓っている」などとうそぶいて今後いいようにしてやるからなんて言って、あの大物を言い含めるのだからすごいです。
 そして何より、仕草がずるいですね。そこは視聴者がターゲットなのでしょうか。絶対悪なのに不快感よりも清々しさが勝つ。10話の「パンドラボックスを頂きに参りました」のお辞儀しかり29話のパンドラボックスを前にして指揮を取る姿しかり……一言で表すと人類(おたく)が惚れ惚れする振る舞い。最高に憎いのに憎めない!こんなにも魅力的な悪役とは、予想こそしていたけれど、それ以上でした。

 そんなエボルトと対峙してきた火星の王妃ベルナージュ。ベル様。彼女が言うには、万丈が「最後の希望」だそうで。それはきっとエボルトの一部でありながら戦兎に導かれた”万丈龍我”というたった一人だからこそだと思います。ビルドは回収しない伏線はないようなので、最後の希望を信じたいです。
 世界という盤の上で生きとし生けるすべてを駒として動かしてきたエボルトの企みを壊すのは、”対応できない想定外”であるべきだと思います。そしてそれがエボルト自らが育て上げた”ベストマッチな奴ら”であることが、美しく正統な筋書きです。

 ベストマッチな奴ら。1話のサブタイトルがこんなにも響くとは。
 おたく全開で言うとね、二人の関係性が刺さる。とにかく刺さる。ただでさえ好きな「男二人」というモチーフに、「プログラムされた運命」だとか「太陽と月」だとか、お互いのための自己犠牲精神……絶対に本人の前ではそんな態度見せないのにね。平ジェネでやっと万丈と会えた戦兎が「ちょっと太った?」と言うのはさすがに笑いました。おいおい。
 34-35話はその点でかなり脳天をやられる回でした。万丈が戦兎のために命を差し出すという覚悟の独白は見入りました。「お前のせいで愚かな人間から抜け出せねえみてえだ」の破壊力たるや。自分が人間ではないことを呑み込みつつ、戦兎に出会えたことで幸せだったみたいな言い方…!
 毒に侵されていた戦兎はそれを見て夢だと思い込んでいました。夢って心の鏡ですよね。「あいつの声が聞こえたんだ」って優しい表情で当たり前のように語る姿を見て、”二人であること”の深さを感じました。あと戦兎が思った以上に万丈の諸々で取り乱していてわたしは嬉しいです(こら)
 戦兎に導かれた万丈が、迷う戦兎の光となる。まるで鏡のようで、そうではない。何故なら万丈は戦兎のミラーではなく、自分の意思で動くからです。
 万丈の指針、”心のなかの主軸”*1は戦兎だけれど、神様として信仰しているわけではない。自分が信じた桐生戦兎の記号としての概念が万丈にとってのすべてであり、戦兎がそこからブレようものなら引きずり戻すことができる。そしてその概念は万丈自身がその目で見る戦兎によって更新され続ける。最強のベストマッチだな、と思います。唯一無二のバディです。
 どちらかが堕ちそうになればどちらかが引き上げていましたが、彼らを取り巻く運命が過酷でそろそろ分からなくなってきました。太陽と月は地球を照らしてくれると信じています。逆に言えば、地球が暗くなるのは太陽と月が滅ぼされた時ですね。今自分でキーボードを叩きながら頭を抱えています。
 万丈を乗っ取ったエボルトが「戦兎…助けてくれ…」って万丈の声で惑わせたその隙に攻撃して「いい声してるだろ?」ってゲスにも程がある。いっそ最高ですね。憎いよ、憎い。悪魔のキューピッドだ。そんなエボルトの思うがままだった二人が、エボルトにとって"対応不可能な想定外”であることを願っていますし、エボルトの思惑を超えることでプログラム外のベストマッチとして昇華してほしいです。
 

 ビルドにここまでハマると思っていませんでしたが、キャストさんの影響がかなり大きいと思います。好きなんですよね~…明らかに……顔が好きと演技が好きとその他諸々を網羅しているので。うまいこと二人セットでわたしにとっての好きを詰め込まれています。
 犬飼さんと赤楚さんのお二人もベストマッチだなと思うしキャスティングってすごいですね。こういうバディもののキャスティングってだいたいえげつないくらい相性がいい人達であることが多いですよね。どうなってるんだ世界。対談しかりSNSしかり、見ていて心地よいです。
 元々かなり好きでしたが34話ですっかり赤楚さんのファンです。アマゾンズは見れませんが。ぐろいの苦手なんだ!くやしい!でもがんばりたい!前後のトークショーだったりキャラクターブックだったり、素を見る機会が多かったというのもあります。トークショーであった”万丈化している”という話がおもしろかったのですが、だんだん境目がなくなってきてるのかな~と思います。なんだかふわふわしているようにも感じますし。お披露目の頃と最近を見比べたら明らかに何かが分かる気がします(?)夏映画の北九州ロケの写真にあの笑顔でダブルピースなものだから、こんなにも視聴者(わたし)をつらさでいっぱいにさせている張本人なのに……という気持ちになりました。好きです。
 ”万丈化している”とは言えど、発する言葉の一つ一つに程よい鋭利さを感じます。33話と34話の間で発売されたキャラクターブックNo.1では、万丈を”人間化”させたいと仰っていて、思わず息を呑みました。他にもいろいろ、言葉に魅せられることが多いです。
 様々な記事を読んでいて、犬飼さんが(絵面などを)緻密に考えるタイプの人で、赤楚さんが感情を優先するタイプ(だからどんな絵面になっているか分からない)の人だということが分かりました。*2ベストマッチすごいな~!わたしは役者さんのお芝居をタイプ分類した時にこの2タイプの要素を極端に持つ人が好きなので、好きだな……と思いました(日本語がんばれ!)
 34話ですっかり…と言いましたが35話は戦兎の万丈を想う表情にやられて、あ~~好き!ってなっているので(おたく)どうしようもないです。戦兎は言葉ではなんてことないように見せることが多いので、あのめちゃめちゃ大切じゃん!みたいな優しい表情が必要なのだと思います。

 ビルドは事実の重さと展開の早さだけでも頭がパンクしそうですが、それに加えてキャストや演出の観点から見ても好きが溢れて毎週日曜日どころか毎日頭を抱えています。情報量が多くて、視聴者としてもどこから感想を述べればいいか分からない。言いたいことがたくさん出てきます。今回は”二人”に絞っていますが。
 残り1クールも残っているなんて信じられないし、まるで45-50話付近を繰り返しているようにも思いますが、ただただ愛と平和を祈っています。そして二人の幸せを。夏映画の黒装束万丈さんにびびっていますがビジュアルが最高なので大丈夫です(何が?)でもあのダブルピース笑顔に謎の安心感があります。*3

 ”二人”のプログラムされた運命がたまらなくエモい映像美となって毎週日曜日朝9時からテレビ朝日系にて放送されています。かけがえのない”二人”の幸せを全人類に祈ってほしい。でもきっと彼らなら大丈夫。信じています。


 P.S.実は万丈呼びに慣れなくて普段は龍我くんって呼んでいます。1話からそうしてたんですけどいつのまにか万丈呼びが定着しすぎていてなんとも言えない気持ちです。すっかりカズミンで定着した彼のことも猿渡さんってずっと呼んでいるのに世間はいつもそうやって……!なぜ…!以上どうでもいい話でした!(?)

*1:HEROVISION vol.67の対談より

*2:主にキャラクターブックNo.1を読めば分かります

*3:映画「仮面ライダービルド」北九州ロケにエキストラ3000人、万丈は黒ずくめで登場 - 映画ナタリー