古びた壁

脈絡なんてものは知らない

帰る場所という哲学/「アンナチュラル」8話

 第8話はなんだかまとまりがないなあと感じました。決してわるい意味ではなく。論理的でないと言ったがいいのかな。あちらこちらから飛び交う誰かの声や動きや事実背景。人が生きているってこういうことだよね、と思います。文章だけが一文ずつ丁寧に羅列している世界ではない。好きです。
 いよいよ残り2話だそうです。1~8話を通してUDIがみんなの帰る場所、居場所になったのだと思います。ラストのみんなで飲んで食べてるところにぶわっっときました。そこに中堂さんがまるで自分の家みたいに寛いでいることにもわたしは感動しています。あ~~~あの5人なんだな~~~~これぞ!っていう気持ちになるでしょう?
 ほんとうに、9、10話でついに終わり。ぜっっったいロスになる!!!アンナチュラルロス!!!分かりきっている未来!!!!!
 宍戸さんがキーを握っていることは確かですが、というかあからさまに一番怪しいですが、怪しすぎて怪しくない。でもその考えをもひっくり返されそうで何が何だか、という感じです。さすがアンナチュラル……(?)
 諸事情によりいつもより少し短めの感想文です。この習慣もあと2回と思うと寂しくなります。

帰る場所

 今週のキーワード、帰る場所。家族問題と見せかけた居場所問題。と言いつつ結局は家族問題なのかな…みたいな。
 家族と和解できなくてどうしようもないこともある、それでも自分の信じた居場所では思いっきり笑えるよね。そういう風に感じた8話でした。町田さんのスナックでの笑顔と久部くんのUDIでの笑顔は重なります。それと久部くん、強く生きてほしいなあとしみじみ思いました。正直まさかの勘当オチでびっくりしましたが、これが久部家の現実なんですね。分かり合えないものは分かり合えません。分かり合えないからってそこまでする?と思いますが久部パパがそういう人だったというだけの話です。可哀想に。あんなにまじめに迷って悩んで考えている久部くんの帰る場所を手放しちゃうなんて、久部パパは可哀想な人です。
 でも実家信仰みたいなものはないけれど、死んだらどこに帰るかってやっぱり血縁だとか戸籍だとかを考えなきゃいけないみたい。その事実を知らされた第8話……難題だなと思いました。

 そして何より、UDIがみんなにとって"ただいま"と"おかえり"が言える場所になっていて素敵だなと思います。この空気感で9話10話に向かうの、いいな!というか中堂さんは元々住み着いていましたね……物理的に家にしている……精神的にはどうなんですか…………ねえ……
 そういえば中堂さんと糀谷さんは一緒に住んでいたということが明らかになりましたが、中堂さんにとって8年前のそれまではそこが帰る家、ただいまを言うところだったんだなあと思うと限りなくしんどいです。次回ついに回想シーンがやってくる!33歳の中堂系が放映される!ついに終わりに向かうんですね。最終話、中堂さんは笑えていますように。

優良物件・木林南雲

 28歳独身今のところ決まったお相手はいない木林南雲さん、公式優良物件ですってよ(瀕死)
 ちゃんと生きているなあと回を重ねるごとに感じることが多くなりました。あんなにうさんくさくて怪しさしかなかった葬儀屋がだんだん誰をも惹きつけるようなキャラクターになっているの、ほんとうにすごい。わたしは木林さんが好きです。元より目的は竜星さんだったのでそれはそうなんですが、その意味でもますます好きになりました。
 8話に関して言えば、木林さんが脚を開いて座っていることに今世紀最大のギャップ萌えを感じました。なにあれ!なにあれ!いやほんと細かいんですけど、ミコト母と毛利さんの3人でわいわいしてるシーンを見てください!よく見てください!座り方!!でも足(靴)は閉じてるの。てかなんでUDIであの会議は開かれているの…?8話というかアンナチュラル全編通して一番の謎……まあ便利な場所ではあります。たぶん。
 あと町田さんのご遺体を運ぶ時に車に乗り込む木林さんのスタイルがよすぎてビビりました。映像版MEN'S CLUB*1かと思いました。そういえば助手席に乗っていました?運転は部下、上司は助手席…という風習が葬儀屋の世界でもあるのでしょうか。助手席に乗る木林さんも見てみたい!それにしてもスタイルいいなあ(しみじみ)
 木林さん黒幕説が拭えなくてそわそわしていましたが、8話でミコト母と毛利さんとの会議がセッティングされていたことで、ああこういう枠なんだなあ、と。映画でもSPドラマでも続編でも何でも、ずっと木林さんを追い続けられるという確信を少しだけ持てました。

死は簡潔的である

 バチで死んだんじゃない、クモ膜下出血で死んだんだ。
 アンナチュラルのそういう解釈がほんとうに好きです。あるべきところに情がある。おさまりがいいな、とも感じます。
 アンナチュラルの基本的なスタンスは、死に対してそれ以上もそれ以下もない、なのかなって思いました。公式サイトのミコトの紹介文に「この世に美しい死はなく、死んでしまえば終わりだと考えている。」と書かれているところにも繋がります。とはいえ、終わった人生には完結した物語がある。アンナチュラルが描いているのはその部分なのだと思います。7話で白井くんがミコトに言わせたかったことはそれ。4話で明らかにした事実だって、3話の事件の全貌だってそう。
 所長が言うように"たまたま生きている"わたし達は、ただ今を生きることしかできないのだと思います。すごい抽象的な言い方になってしまうけれど。
 何ができるか考えたり、自分の役目を果たしたり、好きな服を着たり、ご飯を食べたり、それらを総じて「生きる」ということ。アンナチュラルは見ていて気持ちが楽だと常々思うのですが、もしかしたらそういう生死観がそうさせているのかもしれません。みごとなまでにバイブルジャンルとなりました。これからも楽しもうと思います。

*1:竜星さんが毎月載ってるメンズ誌。めちゃめちゃモデルしてるしフォトジェニックすぎて最高です。