古びた壁

脈絡なんてものは知らない

だいすきな歌声はいつまでもだいすきで変わらない

※だいじな部分を間違えていたのでちょっと書き直しました…。

 こんばんは。感情のままにキーボードをかたかたと打っています。俳優おたくというアイデンティティのない記事を書くのはおそらくはじめてです。世界でいちばん好きな歌声と、そのひとについての話をします。まあ自分語りに近いです!!!はい!!

www.nicovideo.jp

 わたしのだいすきな歌声。りぶさんが2年8ヶ月ぶりに歌ってみた動画を投稿した。
 2年8ヶ月。ちょうどわたしの大学生活と同じくらい。わたしは何をしていただろう…って、俳優を追いかけていた。舞台に通うことを覚えた。お金を使うことを覚えた。ニコニコ動画の利用目的は俳優関連のみ。ボカロや歌い手関連の動画はほとんど見ていない。
 そりゃそうだ。りぶさんの歌い手活動が途絶えていたから。わたしは元々ライトなおたくだったからボカロや歌ってみたを嗜むことはあっても「ハマった」まではいかなかった。だからそんなに詳しくないの。なのに歌い手が好きってちょっとコンプレックスに思ったこともある。実際、わたしが好きなのは歌い手じゃなくてりぶさんだったからそれでいいのだけれど。

 出会ったのは何がきっかけだったか、もう覚えていない。ライトなおたくらしく歌ってみた動画を巡回していたとか、そんなところだと思う。初めて聴いた曲はなんだったかも覚えていないけれど、とにかく好きな歌声に出会ったことだけは確かだった。わたしの心に刺さった。シンプルにそれだけの話だ。
 わたしは何かを好きになることが滅多になくて、おそらく好きなものが少ない。でもその分好きになったらそれは確かなもので、嘘じゃない。分かりやすい。ほんとうに好きなもの、とそれ以外のものの区別が自分の中でとてもくっきりしているんだ、わたしは。(それ以外のものにも好きという気持ちは沸くし、くっきりとした境界は自分の中だけでだいじにしたい)だからボカロ好きとか歌い手好きとかあんまり言えなくて、でも"ライトなおたくらしく"動画を巡回して、しっくりこない"好き"をTLに置いたりハマってるふりをしたりした。今思えばとてもつまらなくて、嘘ばかりだったなあ。
 りぶさんはわたしの「ほんとうに好きなもの」の枠に突然入ってきた。どうしてか分からないけれど、とにかく好きだった。好きに理由なんていらないってこういうことを言うんだろう。
 どうあがいても好きな歌声で、高音がきれいで、ビブラートがたまらなくて、曲の表現がとてもうまくて、わたしの心につよくやさしく刺さる。新作動画や生放送を追いかけている時間がとても幸せで、CDのリリイベにも足を運んだ。地元に来てくれるなんてそんな機会逃せるわけがない。わたしの人生における唯一の接触イベなの。今思えばよく福岡に来てくれたなあ…(友人に誘われてCOFにも行ったよ。りぶさんいなかったけど!笑 でも楽しかった。)
 当時高校生のわたしに一人で飛行機に乗る術なんてなかった*1からワンマンライブは行かなくて、今でもちょっと悔しいけれど、後悔しても仕方がない。
 遠征や現場の概念を持ち合わせていない当時のわたしがリリイベに行ったことはとてもとても大きなこと。おたくとしての自我がちゃんと芽生えていろんなことを理解できるようになった今だからこそ分かるけれど、大事件よ!

 りぶさんが生放送などでよく言っていたことがある。10年後20年後、"りぶ"っていう歌い手がいたということを覚えていなくてもいい、飽きててもいい、嫌いになっててもいい、今この瞬間をくれたことを誇りに思う、もしまたいつかふと思い出したときにほこりまみれのCDを引っ張り出して聴いてくれたらそんなに嬉しいことはない…って。とても印象的だった。他の人と違うって思った。わたしがひねくれているのはたぶん昔からみたいで、このひとは信用できるって思っちゃった。人としても、というか歌う人としても好きだと思ったのはこういう面があったから。
 たぶんこの言葉の裏には"自分がいなくなっても"という意味があったのだと思う。2年8ヶ月という空白期間がそれを証明しているのかもしれない。その実情は分からないけれど。
 りぶさんはきっとこれからも歌い続けるんだと思う。その場所がどこであれ。たとえそこがカラオケルームだとしても。そんなだいすきな歌声をわたしたちに聴かせてくれることに感謝の気持ちを忘れたくない。どうしたら伝わるだろう。この2年8ヶ月でわたしは伝えることを覚えたし、誰かを好きになることはそれが画面越しだとしても人対人であることに変わりないとも覚えた。
 リリイベの時は若かったからか接触イベで自分のことを喋るタイプのよわいおたくで何も伝えられなかった。それなのに優しく対応してくれたしサイン会って聞いてたのに握手がついてきた(笑)でもほんとうに、何も伝えられなかったな…って。
 今こそちゃんと伝えたい。元気が出ないときはずっとりぶさんの歌を聴きながら電車に揺られていた、だいすきな歌声だって。

 ドラマツルギーを聴いて、ひとつ分かったことがある。それはわたしがりぶさんを好きであることが確かな事実だってこと。ちょっと安心した部分もある。まだちゃんと好きだった、よかった…って。わたしの数少ない「だいすき」のひとつなんだ。

 歌い手文化は分からない。ボカロも詳しくない。それでもこのひとの歌声がだいすきで、このひとを通してわたしは新しいものを知る。それでもいい。わたしにとっての、わたしだけの"好き"なんだもの。きっといつまでもだいすきよ。
 歌い手はメジャーデビューしたり別のフィールドで有名になったりする人もいるけれど、元々は一般人だ。久しぶりの生放送で生態が謎だなって思ったのは、俳優おたくをやってきたわたし。俳優とは違うんだよなあって、しみじみ思う。どうしよう。やっぱりメジャーデビューとかしてほしいな~~~!って、それが本音。だってある程度シンガーとしての存在が確かなものになる。リリイベ当時は大学生って言ってたから、今はきっと社会人なんだろうな。

 どうかこれからもだいすきな歌声を聴き続けられますように。




 あっそれとね、顔も好き。これもまた抗えない事実なの、ずるいよね(笑)

*1:バイト禁止だし脳のゆるいアニヲタにお小遣いを貯めることはできなかった