古びた壁

脈絡なんてものは知らない

「魔法みたいなブログだ」

www.tohostage.com


 第一声「なんで……?!??」 

 ともあれ、おめでとうございます。
 2014年にレディベスの初演を観て以来、東宝ミュ好き〜〜!って感情を持っています。あれから東宝ミュを観たかというとそうではないんですが…(金欠なので)
 なので出てくれたら嬉しいなあと思っていました。でも明らかに色が違うじゃないですか。出てほしいって本気で願ってた時期もありましたが、いつからか何かをきっかけにそんな可能性はほとんどないなあストプレ一本なのかなあなんて思っていました。帝国劇場よりもシアターコクーンだと思っていました(偏見)(適当)
 東宝ミュの華やかな世界よりも人間くさい、血の匂いすら漂う世界が似合うじゃないですか。でもそんな華やかな世界が似合わないとかではなく、想像できないだけで。一体どんなものをみせてくださるのかさっぱり分かりません。

 もう分からないことだらけです。情報解禁後何度「分からない」と口にしたことか。ほんとうに何もかも分かりません。百歩譲って東宝制作舞台に出演することは分かります(分かりません)。ただでさえ絢爛な共演者に花總さんのお名前が並んでいること、松田凌というお名前が昆夏美さんの横に同じ大きさで並んでいることなんて、何も分かりません。

 いわゆる、若手俳優と呼ばれる役者の中で凌くんがひとり選ばれたことは祝福すべき一点だと思います。もし何人かいるうちの一人だったら半ばキレていました(こら)。例えばスカピンに出ていた方々とか、彼らはそれでなるほどすごい!って思うんですけど、凌くんに限ってそれは違う、と思ってしまいます。だって色が違うから、邪推しかねない。
 でも今回、キャストの並びを見る限りそうじゃなくて、だからこそ何がどういうことなのかさっぱり分かりません。でも嬉しい、と思うのはこの事実が大きいです。

 「花・虞美人」も「人間風車」も布石だったのか……?!などと思います。というか人間風車は良知さんと共演という事実にくらくらしそうです。どうしよう目があと2つほしい!(そういえばFC先行で人間風車地方公演を申し込んだら、初めての最前席でした。倍率もそうないだろうしFC強いしそろそろ最前くるかな〜〜〜なんて軽い気持ちでいたらドセンでした。つよすぎ。)

 歌、頑張ってほしいです。陳腐な言葉ですが。まあ絶対勝てないと思うんですよね、これはもう自然の摂理みたいな域でしょう?(?)ミュ界隈の空気が、歌唱力>>>演技なのはなんとなく察してします。こわいです。東宝ミュのファンの方々の反応がこわいです。何心?何目線?ファン心じゃないですか?!(??)好きで焦点を当てて追いかけてなきゃこんな感情は生まれません。
 でも凌くんはきっとそれをも超えてくれるって信じています。なんかミラクル起こす力を持っている気がするし。凌くんの板の上での姿はわたしの中じゃピカイチだし。選ばれたのも分かる気がします。

 何を考えても分からないとしか言えなくなっていた中で、その日のブログを読みました。

s.ameblo.jp

 このひとのブログはまるで魔法のようだなあってしみじみ。分からなかった何かが分かったような。
 ブログの存在は大きいなと思わされた(n回目)一日でした。おわり。