古びた壁

脈絡なんてものは知らない

顔が好きという理由一つで凄いMVに出会ってしまったetc

 ドラマ「ロストデイズ」とドラマ「臨床犯罪学者火村英生の推理」2話などを見ました。

 ※ネタバレしています。
 というか読まなくていいので最後に上げているMVを見てください。

「ロストデイズ」

www.fujitv.co.jp
 3年前の作品です。大学生の男女6人組がシスコン兄に振り回されてかき乱されているかと思いきや全部が全部そうではなくてお兄ちゃんかわいそう……っていう作品です(適当)。控えめに言ってもよく分かんなかった!でも感じたことはあります。

 大学四年生の男女5人と三年生の女の子、の6人組が卒業旅行にメンバーの一人=美希の別荘に行ったら美希のお兄ちゃん(シスコン)がいて、なんかいろいろある話です。(※吉沢亮くん演じる高野ナツは留年決定している美希の彼氏です。)

 なんだかみんながみんなサイテーでかわいそうな話でした。シスコンお兄ちゃんはなんでもかんでも疑われるけれど、全部はやっていない。器用で人のいいお兄ちゃんに見えるけれど、例えば盗聴器をかけたりみんなを脅したり。全部美希のためなんですけれどね!お兄ちゃんは絵を描いていて、社会に馴染めずにだんだん自分が分からなくなって自画像を、自分の顔を描けなくなる。そんなシスコンお兄ちゃん、演じているのは桐山漣さんでした。超似合ってる!

 ナツはお調子者の遅刻魔でダブってしまっている。中身のないアホです。すっからかんだと思いました。
 彼女がいるのにキスされただけで二股かけるのサイテー、というのを通り過ごしてアホなのかな……って思いました。ダブってるし……でも浮気はだめだよ。「でも俺、梨花のことマジだから」ってアウトじゃん?!なんだかいろいろ言い逃れできない浮気をしています。
 梨花はそんなにかわいいのに気取ってなくて、料理も上手くて」と言ったから梨花ちゃんにキスされてしまうのがきっかけではあるけれど、同じことを最後の最後でまた言うのにちょっとびっくりしました。なんだろう、脚本的な意味で……
 「何をしてもかわいい」という彼女がいながら、梨花ちゃんに好意を持ってしまったのかな。「でも俺、梨花のことマジだから」って言った直後に美希とデートに出かけるのはなんなんだ~~~!?とは思いました。
 でもやっぱり演じているのが吉沢亮くんだからか、かわいそうだなって感情が湧いてきます。
 二股かけるのはサイテーだけどそのクズ感と不器用さ故に、女の嫉妬やめんどくさい感情に巻き込まれてサイテーになりゆく姿がかわいそう…って思います。でもやっぱり浮気はだめだよ!
 吉沢くんが演じている人物がなにか面倒ごとに巻き込まれたり悩んだりするとかわいそう…って思います。そういう不思議な力がある気がします。

 お調子者のナツですが、そんなんだからいろいろあってリビングで毛布にくるまって浮かない顔をしているシーンがありました。

 憂う表情がさいこうにきれい!
 って思いました。憂う表情がさいこうにきれいです。びっくりしたことなので2回言いました。ほんとうにびっくりしました。完璧におちゃらけた男子大学生の顔をしているのに、こういうところでびっくりするほどきれいで儚い美青年顔になるから溜息をつくしかありません。
 あとやっぱり蔑む目がさいこ~~~!って思います。心の底からの嫌悪心を露わにする顔もいいなあ。

 ロストデイズはみんながみんなサイテーで、みんなのそれを積み重ねて誰か一人にすべてを背負わせようとしていたなあと思います。そうじゃない人もいたような気がするけれど、どこかで噛み合わず歯車が狂ってしまった結果がこれなのかな、と。
 正直言うと伏線回収しきれてないなって思う部分はあるし最終話のラストに謎の手のカットがあるしほんとうによく分からない話ではありました。そういうものだと割り切ってます。

 あと小島藤子ちゃんはかわいいです。かわいい!
 ロストデイズの主演だった瀬戸康史くんと共演する舞台が秋にあるようでとても気になります。余裕があったら行きたいなあ…ふらっと行ける距離ではないので近くなってから覚えてたら観ようかな。
kansu-domino.westage.jp

 それと、ロストデイズを見始めたときに感じたデジャヴはこれでした。 

卒業 (講談社文庫)

卒業 (講談社文庫)

 大学四年生ってなんなんですかね……(?)


犯罪心理学者火村英生の推理」2話

www.ntv.co.jp
 噂には聞いていた魅力的なバディ(公式談)による上質なミステリー(公式談)、ゲスト出演していると聞きつけてHuluに登録して見ました。
 窪田くん、関西弁とは知らなかったなー!かわいいー!やることなすことかわいい関西弁キャラでした。

 公式サイトのあらすじにね、ゲスト欄に佐野岳くんと吉沢亮くんの名前があったんです。それであらすじによると殺された被害者役が佐野くんで。
 これどう考えても吉沢くんが犯人役じゃん!!!と安直な考えでワクワクしながら見ました。その通りでした。

 醜形恐怖症の佐野くん(=相羽)とパリピ吉沢くん(=幡多)が支配関係に陥って耐えられなくなった幡多が相羽を計画的に殺すお話です。何故支配関係になったかというと、ある日幡多が通行人を殺したのを相羽が見ていたからです。
 幡多はパリピですし、旅館の息子ですし、その支配関係が屈辱でならなかった。

 界隈の若手俳優(?)に興味津々な人間なので最高……って気持ちで見ました。
 以下、最高な点を上げていきたいと思います。

・吉沢くんがパリピ(事実)
 これは偏見でもなんでもなくて、「サークルのパーティーで夜中まで遊んでいた」っていうセリフと共にパーティーでグラスワイン一気飲みをしている回想があるんです(最高)。あと旅館の跡取り息子っていうのも最高です。逮捕されるけどそこも最高です。

・佐野くんが醜形恐怖
 醜形恐怖って、自分の容姿を醜いと思い込む心の問題だそうです。鏡を極端に嫌い、鏡に対して怯えます。自室の鏡を殴り割るシーンもあります。

・佐野くんの喫煙シーン
 佐野くん、絵になりすぎててびっくりする。相羽はただの根暗な人間ではなくて、人殺しを目撃したからその犯人を脅して支配する一面もあるんだっていうところが最高でした。このシーン、煙草を吸う相羽に煙草を吸っていない幡多が「(お金を実家の旅館から持ち出すために)こうしよう」って言うんですが、支配関係の絵面がちゃんと描かれたのはここだけでした。さいこ~~~!しかも本当は二人とも喫煙者だったようです。吉沢くんの喫煙シーンも見たかったな。

・吉沢くんが犯人役
 っていう事実が最高じゃないですか?!


 推理をぶつけられて、動揺したりしらを切ったり平然としたり(人殺しをしているのでもちろん平気なわけない)する中で、ふと見せる無防備な表情が好きだなあと思ったのでした。
 最初に通行人を殺してしまった理由は分かりませんが、最後に「見なよ、街中を悪者たちが平然ととぼけて笑っている」と言って去ることからいろいろ深読みしちゃいます。どんな解釈でもできそうな、正解のない演技がいいな、と思いました。


LEGO BIG MORL『あなたがいればいいのに』MV

www.youtube.com
 すごいものに出会ってしまった……という気持ちでいっぱいです。すごい。映像美。音楽もほんとうにいい、というか好きです。3:23~あたりとかすっごい好きだ。
 何も言わずに見て、としか言えません。見てください。最初から最後まで息をするのをも忘れてしまうほどに惹きこまれるMVでした。
 そしてこれを読んでください。
mdpr.jp
mdpr.jp

 分かる……という気持ちとなるほど好きだな……という気持ちになりながら深夜に読みました。長いけれど読み応えがあってよかったです。
 "平熱の美学"というワードが出てきますが、それが好きなのかもしれない。音楽に関してはとくにそう。音楽には疎いですが、久しぶりにいっぱい聴きたいと思えるバンドに出会えました。ちなみにわたしが他に好きな音楽はスピッツflumpoolです。わかる~~~!って我ながら思います。



 映画「銀魂」百鬼オペラ「羅生門」がとてもとても楽しみなので片っ端から出演作を見漁っているところです。
 顔がいいことが隠しきれていない映画「男子高校生の日常」を見たり、「ぼくは麻理のなか」の1話を見たりしました。どの役も別人で、時には誰…?ってなりますし、カメレオンだなっていう印象です。なんとなく分かってきた気がします。すごいリアルで等身大なのにいわゆる無防備な表情をするとおそろしく顔がきれい……ってなるところも好きです。
 顔が好きという理由一つでいろんなことに気付いたり知ったり、新たな風が舞い込んできて楽しい限りです。