古びた壁

脈絡なんてものは知らない

Take your marks!―「男水!」を観て考えた

 舞台「男水!」ライブビューイング観てきました!取り急ぎの感想をさくっと。いつにも増してまとまっていない。

 まつださんの作品では初のライビュ実施。ライビュをオペラグラスのようなもの、と例えていたのが印象的です*1
 
 OPはやっぱりテンション上がる。吉谷さんの作品の、アンサンブルの豊かさも好きだ〜〜って思う。
 ともるくんはすごいな……(すごい)とかちゃんともさんすごいな……(ずるい)とかまりおくん好きになってしまう(定型文)とか思いながら見た。
 ともるくんのハルミちゃん、めちゃすごくてともるくんすごいって思った。こんなに印象に残ってるの、多分感動したんだと思う。すごかったです。

 ※取り急ぎの感想だからいろいろはしょって一点だけ。ここからネタバレあります。

 
 決勝の榊VS平のところ、読んで字の如く息をするのも忘れていた。というか息ができなかった。ここは水の中?!という感じ(?)
 全然違うけど伝説のペダステTWの小野田VS真波を思い出してしまった。

 春季予選落ちからIH関東大会進出なんて非現実的でしょう、とドラマでは思ってたんですけど()
 でも舞台は。どんどん縮まるタイム、自己ベスト更新、光希に「悔しがってよ」と言われてからの練習、そういうものがたくさん積み上げられて、都大会決勝で光希に勝った。現実味があったというか、そうなって然るべきというか。感動も伴ってた。

 「奇跡の逆転劇」って本人の努力だけでは発生しなくて相手の落ち度があって初めて起きると思う。
 今回は光希が複数の種目にエントリーしていて、スタミナ不足が敗因のひとつだった。でもなんだかちょっと皮肉だなあと感じたのが龍峰の磯村コーチが仕組んだ(?)ことなんだよね。光希をもっと伸ばすために。ちょっとここの解釈は自信ないけれど。どちらにせよ同じ条件で勝負したら秀平はまだまだ光希に勝てないのかな〜〜って思ってしまった。ほんとめんどくさいおたくでごめんなさい。でも何がどうであれ勝ちは勝ちだし!感動しました!舞台「男水!」の榊VS平、わたしの中では伝説です。伝説です!!
 
 光希役の小澤廉くんが「榊が凌くんでよかった」ってカテコの挨拶でもTwitterでも言ってて、なんかねぐわっっとくる。
 役としても凌くんとはライバルで、板の下でも凌くんには負けたくないというようなことを言ってていいなーーって思いました。
 二人とも別作品の千秋楽の次の日が稽古で、おざわれんくんがマネさんに休む?って心配されてたけど凌くんが出ると聞いて「凌くんが出るなら…」って出た話がとても好きです。

 それもあってほんとうに榊VS平はすごみを感じたし語り継がれてもいい気がしている。それと、その後東ヶ丘のみんなとハイタッチする秀平を見て、むねがいっぱいになったな。

 大樹と礼央のシーンとか、最後の応援のところとか、まあいろいろあるんだけれど。

 凌くんはすごいな〜〜〜好きだ〜〜!!

 です。もっともっと見てもらいたいと思う。地方の弱いおたくだけど凌くんの魅力をアピールしたい、という気持ちが出てきた。
 会場でたまたま出会った同じ学科の方に「松田くんよかった〜」って言ってもらえたのがうれしかった。


 カーテンコールの挨拶で「たくさんぶつかりあった。けれど今では(吉谷さんの言ってたことが)分かる」と仰っていて、なるほど……としみじみした。
 わたしはヘタミュやスタミュミュを通して吉谷さんの演出と考え方がすっかり好きになったから、今回ポ○マジ制作舞台に凌くんが立つことになって、どうなるんだろうとか合うのかな…とか思った。そうしたら、案の定(?)そんな挨拶を聞いてしまって、そっかあって気分になっている。
 凌くんのお芝居は好きだけど最近わたしが求めるハッピーとはベクトルが違うと感じていたのが、確かなものとして返ってきた。それは半ばショックだったし予想していたことでもあった。ただ、カテコの挨拶でのすっきりした面持ちで「分かる」と仰っていたのを見たのでもう特に何も言うことはないです。解決した!(?)また新しいものが拓けたのかなあなんて思っちゃう。エンタメ性のたかい、お芝居も濃厚なハッピーな作品に、凌くんを通じてよりもっともっと出会えるかも、と思った。
 てっぺんなんてわかりませんでしたってまっすぐに言う凌くんはてっぺんが見えてる気がしたなあ。わかんないけど。
 「てっぺんの途中で」という言葉にしみじみする。男水はあくまで一過点であり、ゴールじゃないし寄り道でもない。これからも楽しみだな〜〜と思うのでした。

 Take your marks!
 おたくとしても心に留めたい言葉だなあ(うまいこと言いたかった)とりあえず早く上京したいかな!