古びた壁

脈絡なんてものは知らない

世界はわたしのために回っている

 自分の視点や価値観に自信を持たなきゃインターネット社会のこのご時世におたくなんてやってられないなと思う今日この頃です。現場封印中なのでくやしいことが多い。ま~~いろいろありました。何もない平穏な瞬間なんて俳優を追いかけ始めて一時もなかったと思うけれど。

メサイア-悠久乃刻-ティザービジュアルと追加キャストが公開された
messiah-project.com
 超かっこいい~~!そしてなんだその煽り文は??!?悠久カラーって朝の空の色だって思っていたけれど違うみたいですね。
 最近メサイアシリーズに対して思うことは、なんでこんな思いしなきゃいけないの?ってことです。だってこわすぎ。こんな日が来ると思わなかったのはわたしもだ!!!って気分です。お芝居を観る分には楽しみだけれどあの世界観に浸って楽しむとすれば怖さでいっぱいだ。もっと尊さでしんどくなりたいんですけどつらさとこわさでしんどいです。彼らの幸せを祈ってもうどれくらいだろう。深紅の時の入学式に参加する新入生みたいなわくわく感はいったい何処へやら。彼らなら世界を変えてくれるだろうし新たな世界を切り拓いてくれるかもしれないと、そう信じています。
 メサイアシリーズって、鋼ノ章を皮切りに物語のハードルがぐんっと上がったんですよね、きっと。暁を超えるものを悠久では見せていただけるのだろうと思っています。でもそれって、どういうことなんだろう?翡翠で卒業した彼らに通ずるものを悠久の彼らには感じているので同じように二人で卒業してほしいと思っているんですが、簡単にそうはいかないのだろうな。たくさんの苦しみや重さを背負って壁を超えて卒業するのなら、有賀と加々美はとっても逞しいなと思います。演じているお二人のTwitterを見ていたらなんだか安心しました。きっとかけがえのない物語を紡いでくれるだろうなと思いました。悠久乃刻、楽しみです。

 メサイアという世界をつくったすごくてすごくてやばいお方たかどのせんせーのツイートにヒッッてなったんですけれど、

M

M

  • プリンセス プリンセス
  • J-Pop
  • ¥250

 ずっと聴いています。いろんなことを考えながら。

 ところで王室教師ハイネのミュージカルが悠久東京ラスト四日間に丸かぶりなんですね……地方勢としては交通費削減できて嬉しいんですがなんともいえない…(笑)
 別作品マチソワすると後悔するってインフェルノとつむ鴨をはしごした時に学んだんですが、悠久の隙間が一公演しかなくて悩んでいます。ハイネ初日は観たいのに(´・_・`)どちらもたいせつなのでよーーく考えます。

 ところで悠久東京楽の次の日の月曜日、例年通りならふっつーーに大学始まってて楽日に観に行けるわけないところが今年は少しだけ遅くて行けちゃうのがとってもうれしい!ハイネも期間かぶったし世界はわたしのために回っていると思いました。

王室教師ハイネ
heine-royal.com
 我が家のテレビで見る算段がないので配信サイトに頼ってます。4話を見た時にめっっっちゃうまくなってる!って感動して思わず二周しました。
 声優メインで…というご報告からもう三ヶ月ですかね。なんだかこう、いきなりワンクール分のアニメのレギュラーだなんて、各方面に感謝の気持ちでいっぱいです。(こういう企画に作品を使われて)原作ファンのしょんぼりした声も気持ちはすごく分かりますが、こんなにも吸収がすごくて成長著しくてふああってなるなら、こちらとしても見て見て!ってアピールしたくなります(何目線?)
 声優の追いかけは得意ではないですがやっぱり応援したい気持ちでいっぱいなので頑張ります。

 ところで、

・例のCDが届いた
 例のCD=

 シチュエーションCDというものを初めて購入したので右も左も分からず恐る恐る再生ボタンを押したら最高で最高で語彙力を根こそぎ奪われた。
 まずストーリーがいいなと思いました。ステラワース特典のバッドエンドver.もなるほど…!と思いました。まあ他を知らないんですが…。
 そしてチャラチャラしている一途な彼、というキャラクターがとてもよかった。ずるい!ずるいよな~~~こういうのうまくてほんとうにずるいな~~って思います。最高以外の感想が出てこないし最高という言葉も違う気がする。以上です。

・舞台「男水!」
www.dansui-stage.com
 この盛り上がりにうまく乗れずニコ生で流れてくるコメントを見て現場行きたくなーいなんて思っちゃったけれど吉谷さんの演出がほんっっとうに楽しみ。チラ見せ稽古場映像も吉谷さんっぽい!って感じでとてもとても楽しみになった。
 こんなでかい企画の主演なのに遠征しないのは現場封印中だからというよりもドラマをうまく楽しめなかったこととかなんとなく空気がいや!とかでライビュにすら行くつもりなかった、けれどせめてライビュは行くことにした。正直3年の壁を超えられないんじゃないかと思ったけれど「幸福な職場」のDVDが届いて見て、どうして彼が彼を演じているのだろうと考えてとあるシーンで改めて何かに気付いてやっぱりやっぱりこのひとのお芝居が好きなのかなあって考えたら涙が出てきて自分のことながらちょっとおかしくなった。男水のライビュは作品そのものを楽しみに行くのと同時に"確かめに行く"という意味も持っています。現場はいやです(きっぱり)めんどくさいおたくでごめんね!!!!!


 うまいことすきなひとたち、すきな作品の現場期間がかぶって一回の遠征で済んだりとか、共演が続いたりとか、そういう偶然の連続で今があるなあと思います。ランダム系の引きは大抵いいしスケジュールに苦しめられることはあんまりないし世界はわたしのために回っているな~~って定期的に感じます。根がポジティブだから、時々人生舐めてるんじゃないかって思うけれど、なんとかなるさで生きています。
 まつださんを追いかけ始めた頃は憧れと尊敬の気持ちでいっぱいで自分もがんばらなきゃって思っていたけれど、今はそれはちょっと重たすぎるなって…(笑)だってついていけないもん。同じように一途に突っ走っていくのはきつすぎる。こうやっておたくやってる時点でむりです。彼にはそれ(突っ走ること?)ができる天性があるのだと思います。わたしにはないです。
 でも同時に気張りすぎず楽しくやってほしいとも思う。ブログで楽しいって言っているのを見るとほっとする。つむ鴨はほんとうにほんとうに楽しそうで客席から観ていてもそれが伝わってきて最高だったからあの時間が戻ってこないかなあって定期的に思います。
 到底ついていけないひとだからこそここまできたんだろうなとしみじみするのでした。タイトルとはあまり関係ない感じに締めてしまった。たった今井澤さんのブログを読んで気分上々です!